watanabetakashi | 施政方針・所信表明
18965
paged,page-template,page-template-blog-masonry,page-template-blog-masonry-php,page,page-id-18965,page-child,parent-pageid-1815,paged-3,page-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-3.6,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-4.3.4,vc_responsive

平成23年12月定例市議会 所信表明

wt_2011_main-01

○ 平成23年市議会12月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 去る11月27日に行われました大阪府知事、大阪市長のダブル選挙では、地域政党「大阪維新の会」の擁立候補者が、それぞれ過半数を超える得票により圧勝いたしました。
この選挙では、そのリーダーシップや政治手法から、時に「ハシズム」「独裁」との批判を受けながら、大阪府と大阪市の二重行政を解消する「大阪都構想」を掲げる、橋下 徹 前大阪府知事が率いる「大阪維新の会」に、地域経済の地盤沈下が進む商都・大阪の危機打開を住民が託したとの見方もあり、また、既存の政党が有効な選択肢を提示することができない中で、行政の構造改革を有権者が求めたひとつの現われではないかと、私自身は受け止めております。READ MORE

平成23年9月定例市議会 所信表明

wt_2011_main-01

○ 平成23年市議会9月定例会の所信表明に先立ち、はじめに、議員の皆さま、ならびに市民の皆さまにお詫びを申し上げたいと存じます。

○ 去る8月25日、当市教育部庶務課環境整備係の48歳の主任が、自動車運転過失傷害と、ひき逃げ・酒気帯びによる道路交通法違反の容疑で所沢警察署に逮捕される事件が発生いたしました。
被害を受けられた方へもたらした多大な苦痛はもとより、市民の皆さまの信頼を著しく損なう事態となり、被害者ならびに市民の皆さま、そして議員の皆さまに深くお詫びを申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。
被害を受けられた方には、一日も早くお怪我と心の傷が少しでも癒えることを心よりお祈り申し上げるばかりでございます。READ MORE

平成23年6月定例市議会 施政方針説明

wt_2011_main-01

○ 平成23年市議会6月定例会の開催にあたりまして、去る4月24日の統一地方選挙におきまして、31,333票という市民の信託をいただき、再選後初めての定例会を迎え、二期目となる私の市政運営の基本方針と、当面致します諸課題についてご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 改めまして、議員各位におかれましては、このたびの市議会議員選挙におきまして、激戦の中それぞれの政策を訴えられ、多くの市民の皆さまからの信託を受けられ、ご当選されましたことに、心からお祝いを申し上げます。READ MORE

平成23年3月定例市議会 施政方針説明

wt_web_policy01

○ 平成23年市議会3月定例会の開催にあたりまして、平成23年度の市政運営の方針と当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 今年になりまして、アラブ諸国におきまして、民主化を求めるいわゆる「民衆革命」が大きなうねりとなって拡大を続けています。チュニジア、エジプトの2カ国においては20数年、30年と長期にわたり強権支配を続けてきた政権が、失業や貧困、汚職等で苦しんできた市民、特に若者の反政権運動により相次いで倒れる事態となり、現在は民主化を求める民衆のデモはイエメン、バーレーン、イラン、リビヤなどへと燎原の火の如く瞬く間に広がっています。今後、中東地域がどのようになるのか、世界と我が国にどのような影響をもたらすのか、注視してまいりたいと存じます。READ MORE

平成22年12月定例市議会 所信表明

wt_web_policy01

○ 平成22年市議会12月定例会の開催にあたりまして、 当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ はじめに、先週23日に世界を震撼させた北朝鮮・朝鮮民主主義人民共和国による大韓民国の延坪(ヨンピョン)島及び周辺水域への砲撃は、世界平和を希求する人類の願いを踏みにじる挑戦的な行為であります。「朝鮮戦争の休戦協定」はもとより「国連憲章」にも反する無法な行為と言わざるを得ず、わが国の安全に対しても重大な脅威となるものであり、市民の安全・安心を守る立場から強い憤りを覚えるものであります。
  この砲撃により民間人2名を含む4名が犠牲となり、負傷者も島民を含み19名に達するとの報道があります。犠牲になられた方のご冥福をお祈り申し上げるとともに、一日も早い平和的解決を望むところであります。READ MORE

平成22年9月定例市議会 所信表明

wt_web_policy01

○ 平成22年市議会9月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位並びに市民の皆さんのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 議員各位ご案内のとおり、当市の第3代市長であります 市川一男 元市長が、去る7月22日にご逝去されました。
享年91歳でありました。
あらためまして、15万3千市民を代表し、謹んで哀悼の誠を捧げ、お悔やみを申し上げます。私にとりましても、偉大な大先輩を失い、まさに痛恨の極みであります。
市川市長のご功績は、議員各位ご案内のとおりでありますが、昭和58年から連続3期12年にわたり、「信頼と協調」を基本理念とされ、市長として見事なリーダーシップと行政手腕を発揮され、今日の東村山市の発展の礎を築かれました。READ MORE