watanabetakashi | watanabetakashi
1
archive,paged,author,author-watanabetakashi,author-1,paged-3,author-paged-3,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.7,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive

平成28年度第3四半期を迎えて

wt

【平成28年度第3四半期を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚(わたなべ たかし)です。
9月以降すっきりしないお天気が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか?
市民の皆様には、日頃より市政推進にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。また、職員の皆さんには、厳しい財政状況のなか、市民福祉の向上と東村山市の発展のために日々業務に励んでいただいていることに感謝申し上げます。
今年度も早いもので半年が過ぎ、今日から後半戦です。第3四半期を迎えるにあたり、所信の一端を申しあげ、ご挨拶とさせていただきます。
READ MORE

6

平成28年市議会9月定例会所信表明

wt

○ 平成28年市議会9月定例会の開催にあたり、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ まず、台風9号の影響とその対応について申し上げます。
8月19日に発生した台風9号は、これまでの台風に見られたようなカーブを描くことなく太平洋上から北に直進し、8月22日には暴風圏を伴って千葉県館山市付近に上陸しました。上陸後も、台風の勢力を維持したまま関東・東北地方を縦断し、8月23日には北海道に再上陸したものであります。
当市では、22日午前10時ごろから昼過ぎにかけて暴風雨に見舞われ、午前10時30分からの1時間で72ミリメートルという当市の過去最大雨量を記録いたしました。
猛烈な豪雨により、市内では、西武多摩湖線が武蔵大和駅~西武遊園地駅間の のり面崩壊のため、萩山駅~西武遊園地駅間で不通になったほか、空堀川が氾濫危険水位を超え、前川、北川、柳瀬川でも数か所で越水が報告されるなど、大きな被害が発生いたしました。ご案内のとおり、多摩湖線は本日現在も不通であり、浸水被害等の状況につきましては、床上浸水が38件、床下浸水が23件、道路冠水は23件、土のう要請が84件など、あわせて183件と、平成に入ってからは最大の被害となったところであります。
READ MORE

6

平成28年度第2四半期を迎えて

wt

【平成28年度第2四半期を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部尚です。
早いもので平成28年度も3か月が経過し、本日から第2四半期を迎えました。
市民の皆様には、日頃より市政推進に深いご理解と温かいご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
また職員の皆さんには、日々市民福祉の向上と、東村山市の発展のため業務に取り組んでおられる事に感謝申し上げます。
第2四半期を迎えるにあたりまして、ご挨拶を申し上げます。
さて、さる4月14日、4月16日の2度にわたり発生した最大震度7の地震をはじめとした、熊本県熊本地方を震源とする一連の地震は、甚大な被害をもたらし、多くの方々が、今もなお避難所生活を余儀なくされているおります。
READ MORE

6

平成28年市議会6月定例会所信表明

wt

○ 平成28年市議会6月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ はじめに、去る4月14日、4月16日の2度にわたり発生した最大震度7の地震をはじめ、熊本県熊本地方を震源とする一連の地震について申し上げます。
ご案内のように、熊本地震は、熊本県から大分県にかけて甚大な被害をもたらし、その後も活発な活動が続いており、現在も多くの方々が避難所生活を余儀なくされている状況であります。
あらためて、犠牲となられた方々に衷心より哀悼の誠を捧げ、被災された皆さまにお見舞い申し上げるとともに、一日も早い被災地の復旧・復興をお祈り申し上げます。
当市におきましては、4月20日に食料品などの救援物資を被災地に搬送したほか、4月18日より順次、市内施設12箇所に義援金の募金箱を設置するとともに、5月17日と19日には、東村山・久米川・新秋津の各駅前にて、私を含めた職員有志による駅頭募金を行ったところであります。
READ MORE

6

平成28年度第1四半期を迎えて

wt

【新年度を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚です。
市民の皆様、職員の皆さんには昨年度一年間にわたり、市政推進に多大なご理解とご協力を頂いてまいりました。
お陰様で平成27年度は市内では大きな事件や災害も無く、4月に行われました市長選挙で掲げました公約「ひと・まち・みどり輝き、笑顔あふれる東村山」に向かっての更なるバージョンアップを着実に進めることができた次第であります。
改めてご理解とご協力いただきました市民の皆様、職員の皆さんにまず感謝を申し上げ、平成28年度のスタートにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
READ MORE

6

平成28年市議会3月定例会施政方針説明

wt

○ 平成28年市議会3月定例会の開催にあたりまして、平成28年度の市政運営の方針と当面する諸課題について、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ はじめに、理事者人事につきまして、あらためてご報告させていただきます。
先の市議会12月定例会におきまして、副市長に荒井 浩氏を、新たな教育委員会制度による初めての教育長に森 純氏を、それぞれ選任することにご同意を賜り、平成28年1月1日付けで辞令を交付したところであります。
再任されたお二人には、さらなる東村山のバージョンアップに向けて、大いなる力を発揮いただけるものと確信しており、私ともども、今後の東村山市政を司る重責を担い、職員とともにその使命を全うしてまいる決意を新たにしております。
議員各位におかれましては、引き続き、ご指導ご鞭撻を賜りますよう心よりお願いを申し上げます。
READ MORE

6

東日本大震災から5年を迎えて

wt

【3.11から5年目を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん東村山市長の渡部尚でございます。
早いもので、東日本大震災ならびに福島第一原子力発電所事故から5年が過ぎました。徐々に復興の兆しが見え始めているとはいうものの、震災の爪痕はいまだ色濃く残っている状況にあると言えます。
マグニチュード9.0、日本の国内及び周辺における観測史上最大の地震により、40mにも及ぶ巨大津波が発生し、東北から関東の太平洋沿岸部の街という街を呑み込み、壊滅的な被害をもたらしました。
READ MORE

6

新年を迎えて

wt

【新年を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、明けましておめでとうございます。東村山市長の渡部 尚でございます。
市民の皆様、また職員の皆さんも、平成28年の新春を、お健やかにお迎えになられたことと、心よりお慶び申し上げます。
また、旧年中は市政推進にあたり、深いご理解と温かいご協力を賜り、誠にありがとうございました。
今年の三が日は快晴に恵まれ風もなく日中は小春日和のような温かい、穏やかな日が続きました。
READ MORE

6

平成27年市議会12月定例会所信表明

wt

○ 平成27年市議会12月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 議員各位ご案内のとおり、当市の第2代市長で名誉市民であります熊木令次元市長が、去る10月24日にご逝去されました。享年93歳でありました。
15万市民を代表し、謹んで哀悼の誠を捧げ、ご冥福をお祈り申し上げます。私にとりましても、偉大な大先輩を失い、まさに痛恨の極みであります。
熊木氏は、昭和22年に東村山町役場に奉職され、職員として、また理事者として、町から市へと移りゆく東村山の発展の基礎づくりに寄与されました。昭和42年5月1日に第2代東村山市長に就任され、4期16年の長きにわたり、人口急増期の東村山市の発展に貢献されました。
READ MORE

6

平成27年度第3四半期を迎えて

wt

【平成27年度第3四半期を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚です。
早いもので平成27年度も半年が経過し、本日から第3四半期を迎えました。
市民の皆様には、日頃より市政推進に深いご理解と温かいご協力を賜り、心より感謝申し上げます。
また、職員の皆さんには、日々市民福祉の向上と東村山市の発展のため業務に取り組んでおられることに感謝申し上げ、第3四半期を迎えるにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。
READ MORE

6