watanabetakashi | watanabetakashi
1
archive,paged,author,author-watanabetakashi,author-1,paged-2,author-paged-2,ajax_fade,page_not_loaded,,select-theme-ver-4.7,vertical_menu_enabled,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.5,vc_responsive

新年を迎えて

wt

【新年を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、あけましておめでとうございます。東村山市長の渡部 尚(わたなべ たかし)です。
旧年中は市政推進にあたり、深いご理解と温かいご協力を賜り、誠にありがとうございました。
この正月三が日は快晴に恵まれ、三日間ともすっきりとした青空を仰ぐことができ、清々しい気持ちで新しい年を迎えることができました。
READ MORE

6

平成29年市議会12月定例会所信表明

wt

○ 平成29年市議会12月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 本日、午前3時18分ごろ、北朝鮮の西岸から弾道ミサイル1発が発射され、午前4時11分ごろ、青森県西方約250キロメートル地点の日本の排他的経済水域内に落下したとの報道がありました。
北朝鮮によるミサイル発射は、今年になってからも度重なり、その都度、抗議文を送付してまいりましたが、まかり間違えれば日本国民の人命にかかわる極めて重大な脅威であり、強い憤りを禁じ得ません。
これは、わが国の安全保障、航空機や船舶の安全確保の観点からも、極めて問題のある行為で、国際連合安全保障理事会決議に明確に違反する、許しがたい行為であります。
我が国は世界で唯一の被爆国であり、非核三原則を国是として、これまで核兵器の廃絶並びに弾道ミサイル発射の中止を強く求めてまいりました。
READ MORE

6

市長庁内放送第4四半期~新年を迎えて

wt

【平成29年度第3四半期を迎えて】
ご来庁の市民の皆さん、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚です。
市民の皆様には、日頃より市政推進にご理解とご協力を賜り、感謝申し上げます。また、職員の皆さんには、市民福祉の向上と東村山市の発展のため、日々業務に取り組んでいただいていることに感謝申し上げます。
今年度も早いもので半年が過ぎ、本日より年度の後半が開始いたします。第3四半期を迎えるにあたりまして、所信の一端を申しあげ、ご挨拶を申し上げます。
READ MORE

6

平成29年市議会9月定例会所信表明

wt

○ 平成29年市議会9月定例会の開催にあたりまして、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ 本日、午前5時58分ごろ、北朝鮮の西岸から弾道ミサイル1発が発射され、東北地方及び北海道の上空を通過し、襟裳岬の東、約1千180キロメートルの太平洋上に落下したとの報道がありました。
日本政府によりますと、日本の領土への落下物は確認されておらず、迎撃措置は取られなかったとのことであります。
政府は発射直後、全国瞬時警報システム「Jアラート」を通じて、北海道及び東北などの住民に避難を促したとのことです。
北朝鮮によるミサイル発射は、今年になってからも度重なり、その都度、抗議文を送付してまいりましたが、今回は事前通告がなく我が国上空を飛行するという、まかり間違えれば日本国民の人命にかかわる極めて重大な脅威であり、強い憤りを禁じ得ません。
READ MORE

6

平成29年度第2四半期を迎えて

wt

【平成29年度第2四半期を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚です。
早いもので平成29年度も3か月が経過し、本日から第2四半期を迎えました。
市民の皆様には、日頃より市政推進に深いご理解と温かいご協力を賜り、心から感謝申し上げます。
また職員の皆さんには、日々市民福祉の向上と、東村山市の発展のため業務に取り組んでおられることに感謝申し上げます。
第2四半期を迎えるにあたりまして、一言ご挨拶を申し上げます。
READ MORE

6

平成29年市議会6月定例会所信表明

wt

○ 平成29年市議会6月定例会の所信表明に先立ち、はじめに市民の皆さま、並びに議員各位に、職員の非違行為につきまして、ご報告とお詫びを申し上げます。
誠に遺憾なことでありますが、このたび、職員による公務外での非行や服務中の部下に対する不適切な指導、また、市補助金の精算過程における不適正事務処理など、3件の非違行為が確認できたため、懲戒処分及び措置を行いました。

○ はじめに、懲戒処分の内容でありますが、健康福祉部の職員が未成年に対してわいせつな内容のラインを繰り返し送るなどした件につきまして、当該職員を3月30日付けで停職3カ月といたしました。

○ 続きまして、平成26年度に経営政策部内で起こったパワーハラスメントにつきまして、当時の経営政策部次長であった現市民部長を4月13日付けで停職1カ月、また、当時の上司でありました経営政策部長を指導監督不適正により戒告といたしました。
READ MORE

6

平成29年度第1四半期を迎え

wt

【新年度を迎えて】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、おはようございます。東村山市長の渡部 尚(わたなべ たかし)です。
今年の東京は、平年より5日早い3月21日に桜の開花となりましたが、その後は花冷えと言うような寒い日が続いております。しかし、昨日はお天気にも恵まれ、市内各地域でさくらまつりが盛大に開催されましたが、開花が遅れていたソメイヨシノも昨日一日でだいぶ花が開いてまいりました。本日は春らしい晴れやかな気持ちで新年度を迎えることができました。
あらためて市政推進に多大なご理解とご協力を頂いております市民の皆様、そして職員の皆さんに感謝を申し上げ、平成29年度の始まりにあたり、一言ご挨拶を申し上げます。

READ MORE

6

平成29年市議会3月定例会施政方針説明

wt

○ 平成29年市議会3月定例会の開催にあたりまして、平成29年度の市政運営の方針と当面する諸課題について、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ はじめに、私の中国訪問と東京2020(ニーゼロ・ニーゼロ)オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた当市の取り組みについて申し上げます。
昨年の12月21日から25日にかけまして、私は、前 外務副大臣の木原誠二衆議院議員を団長とする東村山市民有志によります東村山訪問団の一員として、はじめて中国を訪問してまいりました。今回の訪中は、東京2020大会での中国チームの事前キャンプについて、中国国家体育総局や中国オリンピック委員会などと、また当市と友好交流都市を提携している蘇州市の子どもたちとのスポーツ交流の促進を蘇州市人民政府当局と協議してきたものであります。
READ MORE

6

新年を迎えて

wt

【新年を迎えて まずは健康】
ご来庁の市民の皆様、そして職員の皆さん、あけましておめでとうございます。東村山市長の渡部 尚です。
市民の皆様、また職員の皆さんも、平成29年の新春を、お健やかにお迎えになられたことと、心よりお慶び申し上げます。
また、旧年中は市政推進にあたり、深いご理解と温かいご協力を賜り、誠にありがとうございました。

今年の三が日は雲一つない快晴に恵まれ、風もなく日中は早春を思わせるような温かい、穏やかな日が続きました。
多くの方がゆっくり、のんびりおくつろぎになられたり、ご家族との楽しい時間をお過ごしになられたことと存じます。そのような中、我が家では私を含め家族4人のうち3人が、新年早々、体調不良で寝込む事態となり、誠に残念なお正月となってしまいました。年頭から健康の大切さを痛いほど思い知らされ、これを教訓に本年は自分自身も健康管理を徹底してまいりたいと思っております。

READ MORE

6

平成28年市議会12月定例会所信表明

wt

○ 平成28年市議会9月定例会の開催にあたり、当面する諸課題につきまして、ご報告かたがた所信の一端を申し上げ、議員各位、並びに市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

○ まず、台風9号の影響とその対応について申し上げます。
8月19日に発生した台風9号は、これまでの台風に見られたようなカーブを描くことなく太平洋上から北に直進し、8月22日には暴風圏を伴って千葉県館山市付近に上陸しました。上陸後も、台風の勢力を維持したまま関東・東北地方を縦断し、8月23日には北海道に再上陸したものであります。
当市では、22日午前10時ごろから昼過ぎにかけて暴風雨に見舞われ、午前10時30分からの1時間で72ミリメートルという当市の過去最大雨量を記録いたしました。
猛烈な豪雨により、市内では、西武多摩湖線が武蔵大和駅~西武遊園地駅間の のり面崩壊のため、萩山駅~西武遊園地駅間で不通になったほか、空堀川が氾濫危険水位を超え、前川、北川、柳瀬川でも数か所で越水が報告されるなど、大きな被害が発生いたしました。ご案内のとおり、多摩湖線は本日現在も不通であり、浸水被害等の状況につきましては、床上浸水が38件、床下浸水が23件、道路冠水は23件、土のう要請が84件など、あわせて183件と、平成に入ってからは最大の被害となったところであります。
READ MORE

6